仙台で薄毛治療・AGA治療なら仙台中央クリニックへ

薄毛AGA

髪の毛が薄くなってきたと感じるという方は、もしかしたら、AGA((男性型脱毛症)かもしれません。薄毛で悩んでいる方は決して少なくなく、男性の五人に一人は薄毛で悩んでいると言われています。これまでのAGAに対する薄毛治療は、医学的根拠のないものが多く、効果は不確実であることが知られています。薄毛に効果があるものならやってみた、でも効果を感じられなかったと、言われる方もいらっしゃったようです。 しかし近年、毛髪再生医療の進歩のより、医学的に根拠のあるAGA薄毛治療が行われるようになりました。薄毛を感じるようになったら、専門知識を持った医療機関を受診して正しい薄毛に対する治療を行っていただきたいと思います。
仙台中央クリニックでは薄毛治療の専門の知識を持ったドクターによる治療が行われています。仙台で薄毛にお悩みの方は、仙台中央クリニックにご相談ください。

薄毛の原因と増え続けている理由

男性でも女性でも薄毛が増えている理由として、生活習慣や食文化の欧米化とストレス、間違った薄毛の治療法などが挙げられます。特に、現代社会の強いストレス社会は、確実に薄毛に対し悪影響を及ぼしています。
また、これまで薄毛に対して良かれと思っていた治療法が間違っていると証明されたものも少なくありません。例えば洗浄力の高いシャンプーで髪の毛を洗った場合、洗浄力が強すぎて大事な皮脂まで落としてしまい、肌を守るため皮脂を過剰に分泌させてしまう結果になり毛穴がつまってしまうということが知られています。薄毛に対して良かれと思っていた治療が裏目に出てしまい、薄毛の進行を早めてしまうこともあります。
薄毛の早い段階で、自分の薄毛の原因を知り、それを食い止め治療していくのが、薄毛に対する対策の近道となります。

薄毛の原因

薄毛は多種多様の原因が知られています。薄毛治療の第一歩はその原因を知ることです。その原因を列挙し解説を加えました。

AGA(エージーエー)・男性型薄毛症

AGAは、男性型脱毛症と言われ、Androgenetic Alopeciaの略称です。その名の通り男性にみられる薄毛症です。後頭部から進行するものと、額が後退していくタイプに分かれ、どちらも薄くなる複合型があります。毛が成熟する前に抜けてしまうため、徐々に毛髪が薄くなり産毛のような毛が残ります。
AGAは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の過剰が原因で発症します。男性の約五人に一人(成人男性の30%)はこのAGAによる薄毛を発症しているとされ、男性薄毛で悩む人の多くがAGAであると言われています。DHTが過剰になると、頭皮の毛は薄く、体毛は濃くなります。男性ホルモンは髪の毛を作る細胞分裂に影響を及ぼしますので、髪の毛が生えにくくなってしまいます。またAGAは遺伝的な要素が大きく関与しています。AGAは進行性なので、薄毛が気になったらすぐに治療をすることをお勧めします。

頭皮の血流不良

頭皮の血流が悪くなると、必要な栄養素が髪の毛を作る毛細血管まで届きにくくなり、髪の毛の栄養不良により、薄毛が進行しやすくなります。頭皮の血流不良は、食生活の乱れ、ストレス、栄養不足により起こります。さらに成長により頭皮が引っ張られ血管を圧迫する場合でも起こると考えられています。

皮膚炎

脂漏性皮膚炎やアトピーなどの皮膚炎により、皮膚が荒れ、その部分の毛が生えてこなくなります。皮膚炎は慢性化しやすく、治ったと思っても再発しやすいので早めに、治療する必要があります。

ホルモンバランスの崩れ

特に女性の場合、ホルモンによる影響やストレス、過度なダイエット、皮脂の過剰分泌などが原因で髪の毛が抜けることがあります。円形脱毛症やびまん性薄毛症などが知られています。妊娠出産に伴い、赤ちゃんに栄養を取られたりホルモンバランスが乱れたりすることで抜け毛が激しくなるケースが認められます。

抜毛症

自分の毛を意識せずに抜いてしまうことで髪の毛が抜けていく場合の薄毛を抜毛症と言います。自覚がないことがあります。精神的な要素が関与している場合には、精神的なケアが必要になることがあります。

薄毛治療の注意点

薄毛治療を行っていく場合、個人個人で独自に判断することで、却って薄毛が進行していく場合が有ることを頭に入れておかなければなりません。
効果があると謳っているものの、科学的根拠がないものや、頭皮や髪の毛によくない成分が入っている場合もあります。また良く効くとされる薬剤でも、少し成分が強めなものを独断で使用してしまい、副作用に悩む場合もあります。特に、様々な複合型の原因が考えられる薄毛は、この症状だからこれが効くだろうといった独自の判断が薄毛を結果的に増長させる結果になることが多いようです。
専門知識を持っているクリニックで診てもらうのが安心です。医療機関でしかできない治療も行えることで薄毛の原因に効果が高い治療が出来ます。医師が処方される薬は一般的に売られているものより効果が高い割に価格も安く、効果を感じられる方が多くあります。

なぜ美容外科で薄毛治療するのがいいのか

医学的根拠のある薄毛治療が行われるようになり、薄毛治療は主に、医療機関で行われるようになってきています。美容外科クリニックにおいて、薄毛に悩む方に対しての多くの治療を受けることができます。美容外科では、一つの形式にこだわらない様々な治療が出来るために、薄毛に悩んでいる人の原因に即した治療が出来ることが強みになっております。以下に医学的根拠のある薄毛治療について列記しました。

内服薬における薄毛治療

医療機関では、内服薬や外用薬を使った治療が行われています。AGAによる抜け毛を抑えてくれる効果があるプロペシアはその代表です。効果が出るまでに、6か月以上の長期にわたり内服薬を継続して飲む必要があります。個人差があるため、効果が出にくいと感じる方もいらっしゃいます。手軽で低価格であるために、多くの方が服用されています。

植毛による薄毛治療

薄毛に悩んでいる方に対し自己毛髪植毛を行っております。後頭部から自己毛髪を採取し、前頭部などの薄毛部位に移植します。移植した毛髪はその部位に生着しますので、確実に薄毛を改善することができます。料金的に高額になることと、手術を要するというデメリットがあります。

頭皮注射による薄毛治療

頭皮に直接毛髪栄養因子を注射する治療が開発され話題になっています。1か月に1度、頭皮に注射を行うことで、増毛効果が期待できます。強い毛髪再生効果がある注射役が開発され、今後薄毛治療のファーストチョイスになっていくと考えられています。

仙台中央クリニックの薄毛治療例

薄毛AGA治療

40歳、男性。男性型薄毛症、AGA
遺伝的素因のあるAGA症例です。20歳代から薄毛が進行してきたために、ヘアサロンに通い、個人輸入で内服薬を購入して内服されていたようです。徐々に薄毛が進行するということで、仙台中央クリニックに受診していただけました。前頭部から頭頂部にかけて広範囲に薄毛領域が広がっていました。頭皮注射による薄毛治療を行いました。徐々に発毛が認められ、薄毛が改善しました。
クリニックより:これまでの薄毛治療は、医学的根拠がないものが多く、効果が不確実でした。薄毛治療が医療機関を中心に行われるようになり、確実な効果が期待できるようになりました。頭皮注射による薄毛治療は、比較的手軽で、効果が強いために、最強の増毛治療として期待されています。

HARG療法

26歳、男性、男性。薄毛治療、男性型薄毛症
父方、母方共に薄毛の家系で、親戚に薄毛の方が多く気にしていたという症例です。自分自身も20歳ことから抜け毛が多くなり、20歳代前半で薄毛が進行してきたために、心配になり仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、前頭部にM字状の薄毛と頭頂部に薄毛が認められ、典型的な男性型薄毛症と考えられました。早速、ハーグ療法を開始し、自己毛髪の再生、増毛が認められました。
クリニックより:男性型薄毛症は遺伝性が強いことが知られていますが、20歳代前半から抜け毛が進行することもあるようです。薄毛の状態だと、極端に老けて見える、友達にからかわれることがあるなど、悩んでいる方が多いようです。近年、自己毛髪再生技術の進歩により、薄毛治療が可能になってきています。悩んでいるということであれば、御相談いただきたいと思います。