ハーグ療法で毛髪再生をお考えの方は仙台中央クリニックへ

ハーグ(HARG)療法

ハーグ療法は強力な毛髪再生治療です

HARG療法は、近年開発された、強力な毛髪再生治療です。遺伝的素因や老化により失われた成長因子を補充する事により、毛乳頭や毛包の活性化を促し、細胞レベルで毛髪再生を促進します。髪の毛の本数が増え、毛髪1本1本の太さが太くなります。

世界の毛髪再生治療の流れ

毛髪減少の原因はさまざまですが、これまでは自然な加齢現象とされて致し方ないものとして扱われる傾向があったようです。しかし、医療技術の進歩により、医学的に根拠のある医療植毛や、フィナステリドやミノキシジルの内服による治療が行われるようになってきました。
2006年には、ヨーロッパで成長因子を用いた注入治療が発表され、理論に適った治療法と考えられるようになってきました。この流れの中で、日本国内でも成長因子の注入による毛髪再生の研究と検証が始まり、基礎実験で高い発毛効果を示したハーグ療法が注目されるに至りました。

日本毛髪医療研究会について

日本医療毛髪再生研究会(Japan Hair Re-Generative Medical Association)は、毛髪再生医療の促進を目的として2008年1月に発足しました。最新の医療毛髪再生治療は、研究会の英語名Hair Re-Generativeの頭文字を取り、HARGR(ハーグ)療法と名付けられ、強力な毛髪治療として知られるようになりました。

日本医療毛髪研究会認定施設

日本医療毛髪再生研究会では、HARGカクテル研究所製造過程を視察し、文献内容に即した安全性を確認しております。尚、HARGカクテルはアレルギー起因物質も含まない事が確認されています。また、仙台中央クリニックは日本医療毛髪再生研究会に所属し、研鑽を積んでいます。

ハーグ療法は日本毛髪研究会の認定施設のみで可能です

ハーグ療法には強い毛髪再生効果があります。治療可能な施設は限定されており、認定施設でのみ行うことができます。 ハーグ療法に類似したハーグ類似療法を行ったが効果が出ないというトラブルが発生しています。十分注意してください。

ハーグ療法の検証

HARG療法に使用する薬液は2年間に渡り、国内の研究機関において動物実験や臨床試験が繰り返されました。世界にて臨床試験が1000例以上繰り返されています。日本においても300例を超える検証を行い、その臨床効果は確認されています。他の育毛薬剤、カクテルなどが比較検討されHARG薬剤が最も毛髪再生に適していると判断されました。HARG療法により症状が全く変化無しという症例は無く、アレルギーも発現しておりません。

ハーグ療法の基礎実験データ

上の写真は、ハーグ療法を施した組織の顕微鏡写真です。臨床的にハーグ療法がおこなわれる前に、多数の治療実験が繰り返されて、効果と安全性が確認されています。ハーグ療法を行わなかった未治療群(control)は、毛包の出現が認められません。HARG治療群(HARG)では、3週間後に毛包が出現し、4週間目で毛包の成熟が認められています。これはハーグ療法が実験的に効果を示した所見と考えられます。

こちらはハーグ療法の臨床治験症例の頭皮拡大写真を掲載しています。ハーグ療法により、一つの毛穴から出る毛髪の本数が増えていること、個々の毛髪が太くなっていることが分かります。この写真によりハーグ療法の効果が実際の臨床症例においても証明されたことが分かります。

ハーグ療法の実際

ハーグ療法は、ハーグカクテルを頭皮に注射することにより、毛髪の再生を促す治療です。ハーグカクテルを頭皮に注射する方法として、極細ニードル、ダーマローラー、メディジェットが知られています。

極細ニードルによるハーグ療法

注射によりハーグカクテルを注入する方法です。注入用の針は、極細の針を使用しますので、一般の注射と比較して痛みは軽減されています。チクッとした痛みがあるものの、その痛みは、我慢できる程度と表現される方が多いようです。
真皮内300~1000ミクロンの範囲に薬液を注入する必要があり、薬液注入には技術を要します。注入技術の安定しない医師は、注射針による注入を敬遠する傾向があります。技術の安定した医師が行うことにより、高い薄毛治療効果が得られます。

ダーマローラーによるハーグ療法

ダーマローラーという針付のローラーを転がして、薬液を真皮内に注入する方法です。ローラーを転がすことで薬液の取り込みを促します。ニードルによる注入と比較して、痛みが軽いという利点があります。しかしカクテルが真皮内に注入できる割合が少なく、薬液のロスが大きいという欠点があります。

メディジェットによるハーグ療法

メディジェットは、炭酸ガス注入ポンプによりハーグカクテルを注入する方法です。炭酸ガスを用いて、蚊が人を刺すよりも細い穴から薬液を注入させます。注入時に振動と圧迫感を伴いますが、痛みは軽減されています。設定した深さに注入されますので、均一でスピーディーな注入が可能です。微妙なテクニックが不要で、簡単であるため、頻用されています。痛みもニードル法に比較し軽減されます。しかし、注入技術の優れた医師は、薬液のロスが注射針に比較して多いこと、少量を加減して入れることが出来ないため却って手間がかかる、最良の効果を引き出せないという理由から、メディジェットを好まない場合があります。

HARG療法の効果

脂肪幹細胞からグロスファクターを抽出

ハーグ療法のグロスファクターは、脂肪幹細胞(ステムセル)から抽出します。取り出したタンパク質はフィルターレーションにより総てのウィルスを除去し、ガンマ滅菌した後、製薬として用います。このグロスファクターはアメリカのCTFAにより安全性を承認されています。

ハーグ療法の薬液組成

ハーグ療法に用いるカクテルには、毛根や毛包を活性化する以下の成長因子が含まれています。成長因子の作用により毛髪再生が促されます。
・血小板由来成長因子 PDGF ( Platelet derived growth factor )
・塩基性線維芽細胞成長因子  Basic FGF ( Fibroblast growth factor )
・ケラチノサイト成長因子 KGF ( Keratinocyte growth factor )
・トランスフォーミング増殖因子β1 TGF beta1 ( Transforming growth factor )
・肝細胞成長因子 HGF ( Hepatocyte growth factor )
・血管内皮増殖因子 VEGF ( Vascular endothelial growth factor )
・コラーゲン、ファイブロネクチン(Collagen, Fibronectin)
・超酸化物不均化酵素 SOD ( Superoxide dismutase)

HARG療法は必ず毛髪再生しますか

毛髪の症状は、その原因や発症からの経過で様々に変化しますが、多くの場合ハーグ療法は効果的です。しかし完全に毛髪が失われ頭皮が固くなっている場合は、HARGカクテルを注入しても細胞が再生しない事が多いということに留意する必要があります。下の図は、TypeⅠ:地肌が目立つものの、まだ毛髪は残り薄毛の初期の状況、TypeⅡ:毛が細く短くなり。残った毛髪は大きく減少する薄毛中期の状況、TypeⅢ:毛髪がほとんどなくなる後期の状況を示しています。HARG療法を行う場合は、TypeⅡなどで産毛が存在している部位が対象となります。
HARG療法の2年間の検証では、対象となる部位に対して、No Changeはありません。産毛から細毛、そして丈夫な毛に成長します。HARG療法は男女共に効果があり、治療が可能です。

HARG療法は何回で効果が現れますか

毛髪は、休止期→脱毛期→成長期→対向期→休止期、の毛周期を繰り返しています。ハーグ療法は、休止期、脱毛期の毛髪を成長期に変える働きがあります。長い休止期・脱毛時期から早期成長期に移行する期間は個人差大きく、比較的早い場合もあれば、期間を有する場合もあります。
ハーグ療法で発毛を実感するまでの期間は、休止期、脱毛期から成長期に移行するまでの期間により決まってきます。そのためにある程度の個人差があることを御理解いただく必要があります。ハーグ療法で、「あっ生えたかも。」、と思えるのは、月1回の施術にて、3回目の施術後から4回目の施術前あたりが多いようです。ただしあくまでもこれは目安です。2回目で効果を感じる方、6回施術後に効果が出る方もおられます。

HARG療法の痛み

ハーグ療法は、薬液を注入する際にチクチクとした痛みを感じます。しかし、ほとんどの方は、「少し痛いけれど我慢できないほどではない。」と、言われます。その程度の痛みはあると考えていただくのが良いでしょう。
どうしても痛みに耐えられないという方には、完全無痛麻酔を利用いただくことが可能です。治療の最中は眠っていますので、痛みを感じることなくハーグ療法が可能です。完全無痛麻酔は痛みに弱いという方の大きな味方です。

HARG療法に副作用はありますか

国外(アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国)では数千例が臨床で使用され、日本国内にでも2年前から動物実験と300例の臨床テストを行い、安全性を確認しています。感染やアレルギーなどの問題は認められておりません。その安全性と臨床効果は世界的にも権威のあるDERMATOLOGOC SURGERYに論文投稿され、世界中に認められています。

HARG療法の施術料金

ハーグ療法の料金は日本医療毛髪再生研究会で定められています。1回の施術では頭部2/3範囲は15万円・頭部1/3範囲は12万円が正規料金です。1ケ月おきに4回施術~6回施術が1クールとなっています。ただし注入の範囲を決める事が難ししい場合には、医師の判断により料金が決定されることもあります。
これまでの毛髪や地肌のトリートメントは高額で、多額な費用を払ったという方が多かったようですが、ハーグ療法は、比較的受けやすい価格設定になっています。

ハーグ療法ビフォーアフター写真

男性のハーグ療法

38歳、男性。男性のハーグ療法
家族や親戚に薄毛の人が多く、本人も20歳代から薄毛が進行してきたために、インターネットで治療薬を購入して服用していた症例です。内服薬や外用薬を使用するにもかかわらず、薄毛の進行が収まらないために、最先端治療に期待して仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、頭部の薄毛領域は前頭部から後頭部にかけて進行しており、地肌が目立つ状態でした。毛髪再生を目指し、ハーグ療法を行いました。ハーグ療法を施行後、毛髪の再生が認められ、徐々に増毛することが出来ました。
クリニックより:薄毛の家族歴があり、気を付けていたにもかかわらず、薄毛が進行するということで、御相談いただいています。インターネットや通信販売で薬を購入して服用されている方もいらっしゃいますが、効果は不十分の様です。仙台中央クリニックは、認定施設として登録されておりハーグ療法が可能です。ハーグ療法は高率で自己毛髪の再生が可能です。