女性の薄毛治療は仙台中央クリニックへ

女性の薄毛治療

女性薄毛の治療

女性薄毛で悩んでいる方から多くの御相談を頂いております。女性の薄毛はこれまで治療が困難でしたが、毛髪再生医学の進歩により、治療が可能になりました。
女性が薄毛で悩まされるようになると、薄くなった事実は理解出来るものの、なぜ抜けてしまったのか、どうすれば毛髪が回復するのかを考えずに、安易に育毛剤に頼る女性が多いようです。なぜ薄毛になってしまったかを理解しない限り、どのような薄毛治療が良いのか分りません。女性薄毛には多くの原因があり、薄毛治療のためには、まずその原因を知ることが必要になります。女性薄毛の原因により、治療法が変わってきますので、自分自身がどのようなタイプの薄毛なのかを把握することが大切です。

ホルモンバランスの乱れ

女性の抜け毛の原因として、ホルモンバランスの乱れが、最も多いと言われています。女性は、生涯、女性ホルモンが分泌され、男性よりも女性らしい部分を形成しています。しかし年齢と共に女性ホルモンは減少していき、特に40歳を超えると女性ホルモンの分泌量が一気に減少します。女性ホルモンには様々な役割がありますが、髪の毛とも密接な関係にあります。女性ホルモンには毛髪を育てると共に維持する働きもありますので、加齢によるホルモンバランスの減少や、あるいは医療行為等によってホルモンバランスに影響をきたすと、毛髪を維持することが出来なくなります。ヘアサイクルに悪影響を与えます。女性ホルモンが減少するとこのヘアサイクルが乱れ、薄毛が進行することになります。

女性ホルモン減少による毛髪サイクルの変化

女性ホルモンの減少は、毛髪サイクルに悪影響を及ぼし、成長しきっていない毛髪が、退行期に入り、髪の毛が抜けてしまいます。そのため、細く短い髪の毛の抜け毛が増加します。元々退行期に入っていた毛髪と、毛髪サイクルの乱れの為に退行期に入った髪の毛が同時に抜けますので、抜け毛の量が急激に増え、薄毛が進行します。

女性ホルモンの投与は有効か

女性ホルモンが減少して抜け毛が増えているのであれば、女性ホルモンを補充すれば抜け毛も減るのではないかと言う考えも浮かびますが、実際はそう簡単ではありません。現実には、女性ホルモンそのものを補給するのは難しいです。医学的見地からはエストロゲンの経口摂取によって抜け毛が改善することは実証されていません。女性ホルモンの補充は不正性器出血などの副作用をきたすために、薄毛に対してホルモン投与は行われておりません。

ダイエット

多少なりともダイエットに取り組んだ経験は女性であれば誰もがお持ちかとは思いますが、必要以上に自分を追い込んだダイエットは、毛髪に対して悪影響を及ぼします。 そもそもダイエットとは健康を維持した上での体重減少であって、自分の限界まで体重を落とすのはダイエットではなく、減量です。自分だけの勝手な判断にで、体重を減らすためだけに無理をすれば、体内の栄養不足から髪の毛が生育されなくなります。少しでも痩せたいという気持ちは分かりますが、自分の体を痛めつけるようなダイエットは薄毛の原因になります。

睡眠不足

睡眠は人間にとって重要な休息状態です。睡眠は体の様々なダメージを静養する時間として人間生活に大きな意味を持ちます。睡眠時間が短いと体への負担を回復する時間が短いので、髪の毛に対しても負担が軽減出来ず、毛髪のダメージが起こり、薄毛へと繋がります。毛髪に負担をかけないように、睡眠時間は確保することが重要です。 

ストレス

ストレスは、体への負担という点で、大きなマイナス因子です。ストレスを溜め込むと自律神経を緊張させてしまいます。結果、血管が収縮して血流が悪くなります。血行不良は髪の毛への血液補給も悪化しますので、毛の発育を悪くさせてしまい、抜け毛を増やし、薄毛に移行します。現代の高度ストレス社会に於いて、ストレスを感じないよう生活するのは簡単ではないだけに、上手くストレスを解消することは、薄毛対策として重要な意味合いを持ちます。

生活習慣

食生活や運動習慣も、薄毛の一つに理由として考えられます。髪の毛は勝手に生えて来るものではなく、栄養を摂取し、栄養が血液によって運ばれてきて育毛されます。毛髪の原料となる栄養がなければ、髪の毛が生成されないだけではなく、維持も出来なくなるので薄毛となります。自分の普段の日常生活のことを、自分自身ではあまり意識していない人も多いのですが、一度、客観的に自分自身の生活習慣を見直してみる必要があります。見えなかった薄毛の原因を解消することが出来るかもしれません。 

過度なヘアケア

女性であれば髪の毛をケアしたいという気持ちは十分理解できます。しかし過度なヘアケアは薄毛を招きます。例えば、毎日のように力任せにシャンプーで頭皮を洗浄すると、頭皮の最低限必要な皮脂まで落としてしまいますので乾燥を招き、却って逆効果です。頻回のカラーリングやパーマ剤の使用も頭皮に負担を与える行為です。

女性の薄毛治療症例写真

女性の薄毛治療

31歳、女性。女性型薄毛症
症例経過:10歳代から頭頂部の髪のボリュームが少なくなり、分け目の地肌が広くなってきたという症例です。分け目周辺の薄毛が進行してきたことにより、髪をセットしても思い通りにならなくなり、気持ちが落ち込んで、次第に外出する回数も減ってしまったようです。このまま薄毛の悩みを抱え辛い思いをしながら過ごしたくないと、女性の薄毛治療のために仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、頭頂部の分け目周辺の毛は細く短くなり、きれて地肌の露出が見られ始めていました。女性薄毛の改善を目的として、頭皮に毛髪栄養因子の注入を行いました。治療4回を終えた頃から、地肌が見えていた範囲が縮小し、髪には艶が出て、髪のボリュームも増えました。薄毛が分からないまでに、自然な自己毛髪が回復しました。
症例解説:細く、毛切れを起こしたような短い毛は女性型薄毛症が始まった一つのサインになります。髪をセットする際や洗髪後は意識して鏡を見ることで早期発見ができます。薄毛の進行に気づいた際は、早めに治療を行うことによって、ほとんどが薄毛を克服することができます。一人で悩まず薄毛に関する情報を広く求めることが大切です。